【世界仰天!!】腹壁破裂で産まれた赤ちゃんが驚きの生命力と話題に・・・

 

2017年5月2日に放送された日本テレビ「ザ!世界仰天ニュース」で、

「腹壁破裂」のため内臓が外に飛び出た状態で生まれたのですが、手術と生命力で内臓が戻ったのです。

 

「腹壁破裂」のため内臓が外に飛び出た状態で生まれた女児・エリオットちゃんに密着取材をしました。

2016年、アメリカ・ノースカロライナ州で出産を控えていた夫婦・

ウィリアムさんとマリーさんの子供が、妊娠5カ月目の検診の時に、診断されたのです。

 

「腹壁破裂(ふくへきはれつ)」とは・・・

赤ちゃんのお臍の右側の腹壁に穴があいているために,本来お腹のなかにあるはずの臓器

(小腸・胃など)がお腹の外に飛び出した状態で生まれる病気なのです。

いわゆる未熟児(低出生体重児)に発生することが多いとされていて,

出生後すぐに緊急手術をして脱出臓器をお腹の中に戻すなどの処置が必要となります。

そうしないと早期に死亡する危険性が大きい症状なのです。

 

最近では超音波検査により出生前に分かりますので,手術の準備をしたうえで出産をすることができます。

ですから、出産後すぐに治療を行うことができるので,助かる確率が劇的に向上しています。

腹壁破裂になる確率は、2万回に1人ぐらいとされる、ごくまれな疾患です。

 

また、合併する重大な異常は比較的少ないとされていて、新生児期を乗り切ると、

これといった後遺症や、投薬などの副作用のようなものはありません。

次ページへ続きます