【再到来!!】若い女性の間で「韓流ブーム」が戻ってきた!その理由はK-POPグループ『TWICE』のおかげ??

<若い女性にブームが再燃 >「韓流」なぜ10代に受けている?

韓国ガールズグループ「少女時代」のメンバー3人が所属事務所と再契約せず、脱退すると報じられた。

8人が5人になるが、一世を風靡した少女時代も、今年で結成10周年。

韓流ブームは遠い昔のように思うが、ここ最近、新大久保が賑わっている。 

休日の駅前は身動きが取れないほどの混雑で、歩いているのはほとんどが10~20代の女性たちなのだ。

そもそも、日本で韓流ブームが起きたのは2004年の韓国ドラマ「冬のソナタ」がきっかけ。

その後09~10年ごろから少女時代をはじめ、KARA、BIGBANGなどK―POPが注目される。 

ここ数年は日韓の政治的な問題もあり、新大久保は静かになりつつあったが、若い女性にブームが再燃。

今年5月には、原宿・竹下通りに韓国の人気ファッションブランド「スタイルナンダ」が日本に初進出し、話題になっている。

韓国事情に詳しいライターの児玉愛子氏がこう言う。 

「9人組ガールズグループ『TWICE』の存在が大きいですね。K―POPグループですが、メンバーのうち3人が日本人。

彼女たちのダンスは覚えやすい振り付けで、歌詞も耳に入りやすいと評判です。

彼女たちのファッションやメークが日本の10~20代の女性たちにウケていて、『スタイルナンダ』も、

その需要を見込んで進出したのでしょう。低価格の“プチプラ”ブランドなので、若い世代に人気です」 

そのTWICEの日本進出も戦略だ。

デビューしたのは2年前だが、今年になって一気に日本のテレビ番組や雑誌など露出を増やしている。 

「冬ソナ時代の韓流ファンは、竹島や慰安婦問題の影響で離れていった人も少なくありません。

さらに中心は70代で、いつでも韓国に足を運べる年代でもなくなりました。

そこで韓国芸能界がターゲットにしたのが若い女性。

歴史的な背景を気にしないうえ、女性ファンの方がお金を落としてくれるので“重宝”していると聞きます。

格安航空も増え、お金がない若い層でも気軽に韓国に行けますからね」

そういえば、ヨン様はどうしているのか。 

 

 

 

 

 

K-POPグループ『TWICE』のおかげ!?・・・

 

 

 

次ページへ続きます