【別人!?】STAP細胞で一躍有名人になったあの小保方さん、あれから2年たち衝撃的な姿に大変身!!!(画像あり)

 

STAP細胞とは、動物の分化した細胞に外から刺激を与え、再び分化する能力を獲得させたというものであり、万能の細胞とも言われました。

腕や足の再生から育毛に至るまで、いろいろと使い途が期待され、これを発見したとされる小保方晴子さんも一躍時の人となったのですね。
当時は理系女子(リケジョ)やら割烹着での研究風景やらといった話題が取り沙汰されたことを覚えています。

 

しかし、それがどうやら虚偽だったらしいということになり、指導役の教授の自殺やずさんともいえる研究ノート、

 

卒業論文のコピペ問題といった話題が、今度はSTAP細胞に代わって連日メディアを騒がせたのです。

 

あれは衝撃的でしたよね・・・

 

次ページへ続きます