【生還!!】バナナ島で12日間”バナナ”だけを食べていた女性。その間、ある4つの変化が起こったその理由とは・・・

栄養カウンセラーでローフーディストのYulia Tarbath氏が、“バナナ島”から12日ぶりに生還し、その体験を語った動画が注目を集めています。

 

12日間、彼女が口にしたのはバナナのみ…。

 

 

スクリーンショット 2015-07-18 17.05.50

まず、最初に断っておくと“バナナ島”という表現は、「バナナがたわわになった島」を意味するのではなく、

バナナしか食べずに数日間(3週間以内)過ごすことを、指す表現。

 

まるで、その食材しかない孤島に自分が置かれたような環境を形容して、こうした言い回しをアメリカではするんだそう。

 

もちろん、単一の食材であればどんなものでも可能。例えば、リンゴ、マンゴー、ブドウ、柿など、あらゆる“フルーツ島”が存在する訳です。

 

 

 

そんな、バナナってスゴイんだ・・・

 

 

 

次ページへ続きます