【衝撃的な内容】演歌歌手・仁支川峰子 芸能界の裏側の実態を暴露!!これは放送事故にならないの!?

フジテレビ系「バイキング」(月~金曜・前11時55分)は25日、米芸能界で波紋を呼んでいるプロデューサーの

ハーベイ・ワインスタイン氏(65)によるセクハラ騒動を取り上げた。 

番組では日本の芸能界の“枕営業”についても話題が展開。

ゲスト出演した女優の仁支川峰子(59)は「私も現実、ありましたから」と明かすと「プロデューサー室に呼ばれて

駆け引きされましたけど『私は、すみません。恋をしないとお付き合いとか、そういう関係はできません』と

(言った。すると)『仕事を全て無くしてやる』と言われて。

はい、結構です。体を売ってまで、仕事をいただきたくありません、とはっきりお断りした」というエピソードを明かした。

衝撃の告白に、スタジオでは女性出演者を中心に驚きの表情が広がった。 

ところが、MCの坂上忍(50)が「峰子さんはそういうときははっきり断る人。断らない方がいるのも事実」と言うと、

仁支川は「山盛りいました。断らない方」。

スタジオの男性陣からはどよめきと笑い声も起こっていた。

さらに坂上は「昔、僕なんか主役の方がいて、2、3、4番手くらいが多かったんですよ。

すると主役の方の相手はヒロインなので大女優さん。

俺の相手役なんかは『誰? この人』って。たまにいるのよ、誰?誰?っていう人。そういう時、必ず俺はチェックしたもん。

もしかして誰かの?って可能性があった」と、かつての話を振り返っていた。 

 

 

 

 

こんなこと放送していいの??・・・

 

 

 

次ページへ続きます