【衝撃的!!】ウィンナー1本で寿命が数十秒縮む!? 近年、「損失余命」という概念が提唱されるようになったがこれってどういうこと!?

環境学の世界では、近年、「損失余命」という概念が提唱されるようになった。 

これは、先行するさまざまな研究で積み重ねられてきた健康被害との関係から「縮まる寿命」を計算した平均値であり、

WHO(世界保健機関)など各国の医療機関・団体でも使用されている。

タバコや酒など、いかにも体に悪そうな嗜好品だけでなく、ごく普通に摂取している食物などについても数字が示されていて、

ギョッとさせられる。

ウィンナーで寿命が縮むの? と思う人も多いだろう。

実はウィンナーやハムなどに使われている加工肉は2015年10月に大腸がんの発症を増やすリスクがWHOから指摘されている。

このリスクを鑑みてはじき出されたウィンナー1本当たりの損失余命が25秒なのだ。

この数字は加工肉をたくさん食べる人とそうでない人の大腸がん発症数の差、また大腸がんを発症した場合の死亡率などから

算出されている。

ちなみにウィンナーよりも1回り大きいジャンボフランクフルトは、1本当たりで1分14秒寿命が縮む。

コンビニなどでよく売られているが、1分以上寿命が縮むとなると食べるのを躊躇する人もいるかもしれない。

 

 

 

 

 

ウインナー以外でもこういった物が危険とされている・・・

 

 

 

 

次ページへ続きます