【 都市伝説! 】『となりのトトロ』にはこんな恐ろしい真実が隠されていた・・・ここ何年か前から話題にwwww

あらすじ

『小学3年生のサツキと5歳になるメイは、入院中のお母さんを空気のきれいな家で迎えるために、お父さんと一緒に都会から田舎の一軒屋にと引っ越してきた。

 

ある日、メイは庭で2匹の不思議な生き物と遭遇。

 

それはトトロというオバケで、メイが後をつけると森の奥では、さらに大きなトトロが眠っていた。

 

その頃、お母さんの回復が遅れ、退院が延びるという知らせが届く。

 

どうしてもお母さんに会いたいメイは一人で山の向こうの病院を訪ねようとするが、途中で道に迷ってしまった。

 

サツキは村の人たちとメイを探すが見つからないので、トトロに助けを求める。

 

果たして、二人は無事にお母さんに会えるのか…?

 

田舎に引っ越してきた子供たちと、そこに住むオバケたちの心のふれあいを描いた宮崎駿のファンタジー・アニメーション!』

 

言わずと知れた宮崎駿監督の代表作で、抜群の知名度を誇る大人気アニメーションですよ。

 

1988年の劇場公開時はあまりヒットしなかったものの、

キネマ旬報が主催する「日本映画ベストテン」で第1位を獲得するなど、その年のあらゆる映画賞を総なめにしました。

 

また、ビデオソフトが190万本の驚異的なセールスを記録し、DVDがオリコンチャートで前人未到の500週連続ランクインという快挙を達成。

 

更に、日本テレビでは過去12回にもわたって繰り返し再放送しているにもかかわらず、常に20%前後の高視聴率を叩き出すなど、

「何回『トトロ』を見れば気が済むんだよ!」と他局の関係者を呆れさせるぐらい、凄まじい人気を維持し続けている驚異的な作品なのです。

 

しかし、そんな『となりのトトロ』に、奇妙な噂話があることをご存知でしょうか?

 

表向きのストーリーとは別に、「サツキとメイにはもう一つの隠された真実があった!」と解釈するその噂話は、

数年前からインターネット上で広がり始め、宮崎監督の元にも問い合わせが殺到。

 

ついにはスタジオジブリが公式見解を発表する程の騒ぎになりました。

 

いったいどんな裏話なのか?

 

そして明るい物語に隠された驚愕の真相とは?

というわけで、本日は『となりのトトロ』にまつわる恐怖の都市伝説について詳しく検証してみたいと思います。

 

 

 

気になる都市伝説とは・・・

 

 

 

次ページへ続きます