[大御所からも好かれる理由]元ヤンだった佐々木希 芸能界で成功した本当の真実が明らかに・・・

2014年10月のドラマ「黒服物語」(テレビ朝日系)でヒロインを務めた佐々木希。 

 デビュー当初はグラビアアイドルやモデルとして活動していた彼女だが、いまやドラマ、映画、バラエティ、CMに引っ張りだこ。テレビに出ない日はないマルチタレントとなった。 

 彼女が大ブレイクした要因について、「元ヤンの経歴を最大限発揮できたからでしょう」 

 と語るのが、ワイドショースタッフである。

芸能界入りする以前、地元の秋田で佐々木が名の知れたヤンキーだったというのはさまざまなメディアで

報じられている有名な話だが、それがなぜ芸能界での成功につながったというのか。

このスタッフが続けて言う。 

「昔も今も、芸能界は『超体育会系社会』。

業界全体が芸歴による上下関係を何より重んじているんです。

そんな中、筋金入りのヤンキーだった佐々木は、礼儀が非常にしっかりしている。

先輩のタレントにはメンツを立て、何を言われても絶対に口答えしないと評判です。 

芸能界の大御所から彼女が可愛がられ、仕事が途切れず舞い込んでくる最大の理由ですよ」 

 以前、同じく「元ヤン」と噂される武井咲との対立説が流れた佐々木だが、

地元・秋田で培った 
「元ヤン・マインド」が彼女を大ブレイクに導いたのは間違いなさそうだ。 

no title

 

 

 

 

元ヤンだったとは思えないな・・・

 

 

 

 

次ページへ続きます