【驚愕】 松嶋菜々子 娘の運動会でやってしまった” 丸見え”珍騒動・・・これにはファンが大興奮www

 

最近、全国各地で行われている運動会。

我が子の姿を一目見ようと張り切る親の姿は

恒例ですよね・・・

それは芸能人でも同じ事!!

 

「松嶋菜々子」の画像検索結果

松嶋 菜々子

(まつしま ななこ、1973年10月13日 – )は、日本の女優、ファッションモデル。

神奈川県横浜市出身。

セブンス・アヴェニュー所属。

夫は俳優の反町隆史。

2女の母。

1990年代

  • 1991年 – 旭化成水着マスコットガールに選ばれる。
  • 1992年 – 18歳から女性ファッション誌『ViVi』の専属モデルを務め、
  • 第17代『旭化成せんいキャンペーンモデル』に選ばれる。
  • 当時はバブル崩壊の時代を反映し、バブル期に流行ったボディコン(ボディ・コンシャス)に対抗したキャッチコピー「ハートコンシャス・サンプレイ」と言うものだった。
  • 同年、ドラマ『社長になった若大将』(TBS)で女優デビュー。
  • 1995年 – バラエティ『とんねるずのみなさんのおかげです』(フジテレビ)のコント
  • 「近未来警察072」にナナ隊員役として出演。
  • 1996年 – NHKの連続テレビ小説『ひまわり』のヒロイン役に抜擢。
  • メジャー女優にステップアップし、以降はポスト・トレンディ女優の代表格となる。
  • 1997年 – 当時所属していた事務所から独立する。
  • 松下電工(現パナソニック)のCMイメージキャラクター「きれいなおねえさん」の
  • 2代目を務め、好感度No.1女優に選ばれた。
  • 1998年 – 映画『リング』で映画初主演。
  • ドラマ『Sweet Season』(TBS)で民放連続ドラマ初主演。
  • ドラマ『GTO』(関西テレビ)の冬月あずさ役で人気を博す。
  • ドラマも大ヒットとなった。
  • 1999年 – 3本の連続ドラマ(『救命病棟24時』(フジテレビ)、
  • 『魔女の条件』(TBS)、『氷の世界』(フジテレビ))に出演。

2000年代

  • 2000年 – 8月に3夜連続で放送されたスペシャルドラマ『百年の物語』(TBS)に主演し、
  • 平均視聴率29.6%を獲得。
  • 『やまとなでしこ』(フジテレビ)でも30%越えを達成した。
  • 2001年 – テレビドラマ『GTO』で共演した俳優、反町隆史と結婚。
  • 2002年 – NHK大河ドラマ『利家とまつ〜加賀百万石物語〜』に唐沢寿明とダブル主演。
  • 2004年 – 2月に妊娠が公になり女児(第1子)を出産。
  • その後、8月には住友生命のCMで活動再開。
  • 2005年 – 1月スタートのドラマ『救命病棟24時』で本格的に女優復帰。
  • 11月にドラマ・コンプレックス『火垂るの墓― ほたるのはか ―』(日本テレビ)で
  • 冷酷な叔母役を演じ、ドラマ・コンプレックス史上最高視聴率21.2%を獲得。
  • しかし松嶋はテレビ誌で、『火垂るの墓』の澤野久子役のオファーを聞いた時、
  • 当初やりたくないと思ったことを告白している。
  • 2006年 – グローバルな貧困根絶キャンペーン『ほっとけない世界のまずしさキャンペーン』に参加。
  • 2007年 – 女児(第2子)を出産。
  • 2008年 – 3月に住友生命のCMで復帰。
  • 2009年 – 7月スタートのドラマ『救命病棟24時』で本格的に女優復帰。

2010年代

  • 2011年 – 10月スタートのドラマ『家政婦のミタ』(日本テレビ)で2年ぶりの連ドラ主演。
  • 仕事は完璧にこなすも、無表情で機械的な家政婦を演じ、視聴率は平均視聴率25.2%、
  • 最高視聴率は日本のテレビドラマ史上歴代3位タイとなる40.0%という驚異の高視聴率を
  • 記録した。
  • このドラマは社会現象となり、困難な実社会で働く女性たちから共感と支持を集め、
  • 往年の「奈々子の神通力」を業界に改めて知らしめる結果となった。
  • 2012年 – 『ラッキーセブン』(フジテレビ)に2クール連続でドラマ出演
  • (前述の『家政婦のミタ』から引き続き。松嶋の2クール連続出演は14年振り、
  • 月9枠の出演は11年振り)。
  • 2015年 – 8月、TBSの終戦70年スペシャルドラマ『レッドクロス〜女たちの赤紙〜』で
  • 4年ぶりのドラマ主演。

 

 

 

そうなんです。実は松嶋菜々子さん、娘の運動会で

やらかしてしまったんです。。。

どんな事件が起こってしまったかというと・・・

 

 

 

次ページへ続きます