屋上でとびーお~りようとする美人に、男「最後の人生ならその前に抱かせてくれ!」→その結果まさかの展開に!!

 

1:名無しさん: 2014/04/11(金)22:09:12ID:Nl9A5Yopp
男「靴脱いでるし、これから飛び降りるんですよね?」

女「おっしゃるとおり、飛び降りようとしてましたけど。
なんですかあなた?」

男「よかったあ!」

女「はい?」

男「だってじーさつするんですよね、ここから飛び降りるってことは」

女「そうですが」

男「じ~さつするっていうなら、その前に僕に抱かれませんか?」

女「はい?」

3:名無しさん: 2014/04/11(金)22:12:42ID:Ebalyq1sV
百理ある

4:名無しさん: 2014/04/11(金)22:13:04ID:hNxV68EXt
これはなかなか

5:名無しさん: 2014/04/11(金)22:13:25ID:Nl9A5Yopp
男「なかなか出会えないんですよね、これから死ぬって人に」

女「……」

男「しかも僕は運がいい。こんな美人とめぐり会えるなんて」

女「あの、飛び降りていいですか?」

男「僕の話、聞いてたでしょう?」

女「ええ。エッチがどうとか言ってましたね」

男「フッ、そうです。僕の目的はただその一点のみです」

男「安心してください」

男「あなたのじ~さ~つを止める気なんて、僕にはこれっぽっちもありませんよ」

女「帰ってもらっていいですか?」

6:名無しさん: 2014/04/11(金)22:14:59ID:7omxfF254
期待

9:名無しさん: 2014/04/11(金)22:17:09ID:Nl9A5Yopp
男「僕に帰る場所はありません。あるとしたら、あなたの胸の中だけだ」

女「もう飛び降りていいですか?」

男「どうして!?」

女「ご自分の胸に聞いてください」

男「いいでしょう。あなたを止める資格は、僕にはない」

男「ただ、ひとつだけ聞かせてもらってもいいですか?」

女「ひとつだけですよ」

男「三日前って白のパンティー履いてました?」

女「……はい?」

11:名無しさん: 2014/04/11(金)22:20:58ID:Nl9A5Yopp
男「『なぜ見ず知らずの男が、わたしの履いているパンティーの色を知っている?』」

男「そんな顔をしてますね」

女「あなた、なんなんですか」

男「フッ、どこにでもいる素人童貞ですよ」

女「それは聞いてません」

男「なぜ僕があなたのパンティーについて知っているのか」

男「簡単ですよ。あなたはここ一週間、このマンションの屋上から飛び降りようとしていた」

男「そうですね?」

女「一週間も前から、わたしのことを見ていたんですか」

男「正確にはあなたではなく、あなたのスカートの中を、ですがね」

 

次ページへ続きます