【どういうこと!?】前田敦子 AKB48センターになることを嫌っていた!?・・・その理由を秋元康が暴露www

 

前田 敦子

「前田敦子」の画像検索結果

(まえだ あつこ、1991年7月10日 )は、日本の女優、歌手。愛称はあっちゃん。

千葉県市川市出身。太田プロダクション所属。女性アイドルグループAKB48の元メンバーである。

市川市立新浜小学校と市川市立第七中学校を卒業。

 

元AKB48の仲谷明香とは中学時代、同級生だった。

前田には特に自身のキャッチフレーズは用意されていなかった。

AKB48グループのメンバーで、個人のキャッチフレーズが存在していないのは少数派である。

左利き。ただし、大河ドラマ『龍馬伝』や丸美屋食品工業「のっけるふりかけ」のCMでは演出上

右手を使っており、Baby Blossomでギターを弾く際も右利き用を使用している。

 

グループ発足時から卒業まで中心メンバーの一人であり 、24thシングル「上からマリコ」以外の

全てのシングル表題曲の選抜メンバーに選出された。

「桜の花びらたち」、「ヘビーローテーション」、「チャンスの順番」、「上からマリコ」を

除くほぼ全てのPVや音楽番組でセンターの位置についていたため、「絶対的エース」、

「不動のセンター」と呼ばれた。

 

しかし、劇場公演で初めてソロ曲「渚のCHERRY」を歌うことになった際には「一人だけ

目立つのはイヤ」と号泣した。

 

第3回選抜総選挙で1位返り咲きを果たした際には、あいさつで「私のことが嫌いな方もいると

思います。ひとつだけお願いがあります。私のことは嫌いでも、AKBのことは嫌いにならないで

ください。」と涙ながらに発言した。

 

このスピーチはメディアなどでも大きく取り上げられ、作家の内館牧子からは肯定的なコメントが

出された。デビュー前、秋元康に今後何をやりたいかと尋ねられた際に「演技がしたい」と

答えた。現在の事務所に所属した経緯も関係している。

 

かつて、毎回コンサート前日には、立ち位置や歌詞などを書いた紙をすべて枕に敷いて寝ていた。

 

Google+における、AKB48グループの部活動では自動車部に所属しており、前田が普通自動車第

一種運転免許を取得するまでのドキュメント番組『AKB自動車部』(フジテレビ、関東ローカル)が放送された。

「AKB48」の冠番組であるが、卒業後も番組終了まで出演していた。

 

そんな前田敦子がセンターへの思いの理由を秋元康が語った。。。

 

その理由とは・・・

 

 

次ページへ続きます