【衝撃暴露!】指原莉乃 「ちっちゃいと思います」・・・〇〇のサイズを爆弾発言www

 

指原 莉乃

「指原莉乃」の画像検索結果

(さしはら りの、1992年11月21日 )は、日本のアイドル、アイドルプロデューサー。

女性アイドルグループHKT48チームHのメンバーであり、AKB48およびSTU48の元メンバー、

AKB48の派生ユニットNot yetのメンバーである。

 

また尾崎充とともにHKT48劇場支配人を務める。

女性アイドルグループ=LOVEのプロデューサーを務める。

大分県大分市出身。太田プロダクション所属。

 

家族は両親と、兄が一人いる。

兄は、大分県内屈指の進学校出身で、広島大学教育学部に通った後、大分県内で教師をしている。

 

小学校1年の頃に『ASAYAN』でモーニング娘。を知り好きになったことをきっかけに、

女性アイドルにのめり込む。

 

憧れの存在はモーニング娘。であり、中でも亀井絵里の大ファンであった。

「お気に入りのメンバーがやめた後、興味が薄れてしまって」「1回離れた」ため、

しばらく「私が知ってたメンバーって、道重さんしかいない状態になっちゃった」が、

それにより「むしろ1周回って、新しくなりすぎて、また興味がわいてきた」という。

また保田圭を目標の人物としている。

 

ほかにハロー!プロジェクトのメンバーとしてBerryz工房の熊井友理奈と℃-uteの萩原舞を

推しメンとして挙げている。

 

なお自身も過去にハロー!プロジェクトのオーディションに応募したものの、書類審査で

不合格となった。

また、乃木坂46では秋元真夏を推しメンとして挙げている。

 

トロンボーンを演奏することができる。

トロンボーンは中学校の吹奏楽部で初めて習い、中学2年の夏に吹奏楽の県大会にトロンボーン班

として参加して金賞を貰ったり、顧問からは一人一人の技術の向上と仲間意識の大切さを特に

強く教わったという。

 

2010年当時、『ラブプラス』という恋愛シミュレーションゲームにはまっていた。

「おでん好きアイドル」や「カップめんアイドル」として雑誌で取上げられたことがある。

 

母親が大分トリニータが大好きだったため、小学生の頃は毎回ホームゲームを見に行っていた。

トリニータのレプリカユニフォームをレッスン着として着用していることもある

ちなみに自らのニックネームに掛けて背番号は34番。

 

英語が得意な一方で数学は大の苦手。

 

2010年当時、レッスン帰りに上下スウェットで外を歩くことがあった。

趣味はヘッドフォン、イヤホン集め。

 

好きな男性のタイプはインパルスの板倉俊之であると公言している。NHK『連続テレビ小説』への

出演には消極的な姿勢である。

 

日本テレビアナウンサーの尾崎里紗と同じ生年月日である。

 

2018年3月7日、自身のツイッターで、「ICL」と呼ばれる視力矯正手術を受けたことを公表。

 

 

さしこが衝撃的なことを発言していた・・・

その発言とは・・・

 

 

次ページへ続きます