【絶賛の声】ダレノガレ明美 保護した猫を引き取ることに・・・しかし、動物病院で驚きの事実を知らされてしまい。。。

 

ダレノガレ 明美

「ダレノガレ明美」の画像検索結果

(ダレノガレ あけみ、1990年7月16日  ) は、ブラジル生まれの日本の女性ファッション

モデル、タレント。神奈川県横浜市瀬谷区出身。

 

1990年、ブラジルサンパウロで生まれ、ブラジル国籍を取得(ブラジル国籍は出生地主義。

同国の国籍法では、国籍離脱を認めていない)。

1991年、実父、実母、実兄と共に1歳の時に日本に移住。父親は日系ブラジル人、

母親タニアはイタリア人。3歳になる前に実父母が離婚した。

1993年、3歳の時に実母が、造園業を営む日本人男性と再婚した。

姉が幼少期に実父から虐待されていたことを後に告白している。

2002年、小学校6年生、アイドルグループ「モーニング娘。」の第6期のオーディションに

応募するが、書類審査で不合格。

2005年 – 中学校3年生、アイドルグループ「モーニング娘。」の第7期のオーディションに

応募するが、前回同様に書類審査で不合格。

2009年、私立立花学園高等学校を卒業。

高校卒業後にはアパレル業界勤務や歯科助手などを経験した。

また、デビュー当初はカラオケ店で深夜の清掃の仕事をしていたこともある。

「ダレノガレ明美」の画像検索結果

7歳の時からモデルになることを夢見るようになり、失恋をきっかけにモデルを本格的に

目指すようになった。

2012年5月、『JJ』でモデルデビュー。

2015年8月発売の『JJ』10月号で、同誌の専属モデルを卒業した。

9月17日発売の『Happie nuts』11月号で女性誌初表紙を飾った。

2012年10月に、TBSのテレビ番組『サンデー・ジャポン』に出演。

以降、様々なバラエティ番組に出演するようになった。

「ダレノガレ明美」の画像検索結果

特技は野球、ソフトボール、短距離走(50メートル走で6秒8の記録を持つ)。

中学生時代はソフトボール部所属で、ポジションは捕手。全国大会に出場している。

当時の髪型はスポーツ刈りで、身長159cm・体重60kgと「ドカベン体型」であった。

また中学3年生のピーク時には、体重が68kgであったことを告白している。

 

有吉弘行にTwitterで「明美ヘップバーン」とあだ名をつけられ、気に入った様子を見せる。

また、スピードワゴンの小沢一敬には、包み隠さずズバズバ言うことから「ゲスノガレ」と

愛称を付けられ、本人も喜んだ。

 

タメ口キャラとして知られているが、あくまでもキャラでタメ口を話した後は必ず謝りに行き、

プライベートでは敬語を使っているという。

「ダレノガレ明美」の画像検索結果

 

勉強が大の苦手。

小学4年生の頃、円形脱毛症になったことを告白している。

当時、年の離れた姉が子どもを出産した際、家族がその子に夢中になってしまい、

ダレノガレは子ども心に「自分は捨てられたんだ」と悩んで円形脱毛症になってしまったという。

 

私生活は贅沢であり、2017年7月中旬に家賃が最低でも月130万円する高級マンションに

引っ越したことを週刊誌が報道している。

 

その後、現在の年収は6,000万円以上あり、家賃が月130万円の3LDK、200平米のマンションに

住んでいると番組で公表し、スタジオはどよめいていた。

この高収入は、芸能活動だけでなく、香水やコンタクト、クレンズジュース、洋服などの

プロデュース業もしているためとのこと。

 

そんなダレノガレ明美さんですが、保護した猫を引き取ることになったのだとか・・・

 

ですが、なんとその猫ちゃんを病院に連れて

行くと・・・

 

次ページへ続きます