【都市伝説…】童謡「かごめかごめ」を知らない人はいないはず、、、この歌はただの遊びの為に作られた歌ではないという噂が・・・その隠された怖い真実とは。。。

 

童謡「かごめかごめ」を知っている人はほとんどであるだろう・・・

だが、地方によって歌詞が違ったり、いろんな言い伝えがあるようだ。

これを見たら、そこのあなたはどう思うだろうか。。。

 

古くから伝わる伝承遊びとして「かごめかごめ」という童謡は、幼稚園や保育園そして

親兄弟などから幼い子どもへと語り継がれている。

 

子ども達が手を繋いで円を作り、その中に1人の子どもを囲う。

そして歌を歌いながら中央の子どもの周りをぐるぐると回るという遊びだ。

 

子どもの頃、遊んでいた時にはそうとは思わなかったが、大人になってからよく考えてみると

「かごめかごめ」は異様な雰囲気のある遊びだと感じられる。

 

そんな異様な雰囲気を裏付けるかのように、この歌はただの遊びの為に作られた歌ではないと

いう噂もある。

別の意味合いを持った説が、全国にはいくつも存在しているのだ。

 

また、地方によって歌詞が微妙に違っていることにも何らかの深い意味があるのだろう。

 

どんな深い意味があるのだろうか・・・

 

↓次ページへ続く↓