【驚愕】イノッチこと井ノ原快彦 ブサイクすぎてジャニーさんに激怒されたって本当!?・・・その他にもジャニーズなのにブサイクだと言われる人たちがこちらwww

 

ジャニーズ事務所といえば、日本一美男が集まる事務所。

しかし、メンバーの中には“ブサイク”とイジられてしまう人も存在する

ようだ。今年4月期に放送され、高視聴率を記録したドラマ『特捜9』

(テレビ朝日系)で主演を務めたV6・井ノ原快彦(42)もそのうちの

ひとり。

 

井ノ原 快彦

「イノッチ」の画像検索結果

(いのはら よしひこ、1976年5月17日)は、日本の俳優、歌手、タレント、司会者、

キャスター。男性アイドルグループ・V6、20th Century(トニセン)のメンバー。

愛称は「イノッチ」。

東京都台東区浅草生まれ、品川区八潮育ち。ジャニーズ事務所所属。

「イノッチ」の画像検索結果

 

東京都品川区の団地で育つ。当時の同級生からは「イノ」と呼ばれていた。

嵐主演の映画『ピカ☆ンチ』シリーズは、彼が過ごした団地でのエピソードを描いている。

子供の頃住んでいたのは浅草。親元を離れてからは京急沿線に住んでいた。

また、住居には独自のこだわりがあり、独身時代はよく引っ越しをしていた。

 

芸能界入りの動機は子どもの頃にドラマ『西部警察』を観たことで、石原軍団を目指していた。

しかし「食が細いから」と、石原軍団を諦めジャニーズに入る道を選んだという。

 

V6内ではMCの役割を担い、トークを回している。

グループ活動のほか、多くの番組で司会進行を務めており、『あさイチ』放送開始後は

アナウンサーと間違われるようになった。

勉強嫌いで高校を中退したが、27歳で再入学しその後卒業した。

 

長野博とは4歳差で、Jr.時代は長野からよく「おちびちゃん」と呼ばれていた。

V6ではちょうど間の年齢であることから、トニセンとカミセンの橋渡し的な役を担っている

時期があった。森田剛曰く「井ノ原君がいなかったらV6は成り立ってなかった」。

自身のソロ曲のほか、V6やトニセンの楽曲の作詞・作曲をよく手掛けている

(詳細は作詞・作曲を手掛けた楽曲を参照)。

 

ジャ二ーさんに激怒されたって本当なの!?

そもそもよくジャニーズに入れたねとなるよね。。。

 

そんな内容がこちら・・・

 

↓次ページへ続く↓