【奇習!】若い女を次々と、、、10人の妻がいて当たり前だった!?・・・なんと西日本に実在した“特異な一夫多妻制”をもつ男性がいた!!

 

「女房と畳は新しい方が良い」とは良く言ったもので、今も昔も、

こと男性というものは、結婚してまともな伴侶と家庭を手に入れることが

できたとしても、なぜか、別の若い女性を求めてしまうことは、

昨今しばしば話題となる“ゲス不倫”の例を見てもよくわかるところで

あるが、そうした男性たちの“飽くなき性”は、時として、奇妙奇天烈な習慣を

生んでしまうようだ。

 

「世の中じゃどう考えられているかはよくわからないけれどもね、少なくとも、

このあたりじゃ、“嫁”というものは2人いようと3人いようと良かったんだよな」

 

かつて西日本のとある海沿いの地域に存在していたという、その“不可解な習慣”についてそう

語りはじめたのは、現在も当地で梨農家を営んでいる池淵憲三さん(仮名・86)。

 

池淵さんの話によると、“一夫一妻”が当たり前のこととなっているこの国において、当地では、

あろうことか半世紀ほど前まで、事実上の“一夫多妻制”が黙認されていたのだという。

 

このご時世でも一夫多妻である人がいることは耳にしたことがあるが・・・

 

そんな前からこういう人がいたんだね・・・

 

↓次ページへ続く↓