【驚愕!】アラフォー女優・佐藤仁美 ズボラ・お酒大好きでも3ヶ月で-10㎏以上もダウン!・・・激ヤセしてめちゃ綺麗に劇的変身を遂げていた!!

 

佐藤 仁美

「佐藤仁美」の画像検索結果

(さとう ひとみ、1979年10月10日 )は、日本の女優。愛知県春日井市生まれ。

ホリプロ所属。堀越高等学校卒業。

 

4人姉妹の末っ子として生まれ、小学生のとき両親が離婚。

父親に引き取られ、8歳上の長姉を母親代わりに育ったが、父親は愛知県内で新聞販売店の

経営をしており転勤が多く、小学校だけで4校に通ったという。

「小学生の頃から、しっかりキャラ」だったという。

中学生の時、NHK名古屋放送局制作『中学生日記』に生徒役(役名本名同一)で出演、

これが役者としての原点となる。

当時、学校では演劇部の部長だった。

「佐藤仁美」の画像検索結果

1995年、愛知女子高等学校在学中に第20回ホリプロタレントスカウトキャラバンでグランプリを

受賞。

同年『海がきこえる』でテレビドラマ初出演。

ちなみにこの時の特別賞は新山千春である。

その後、堀越高校へ転入。堀越高校時代は堂本剛やともさかりえ、山口紗弥加、水樹奈々らと

同級生だった。

 

1996年、ドラマ『イグアナの娘』で主人公の青島リカの親友・三上伸子役を演じ注目を集める。

愛知銀行のイメージガールに起用される。

1997年、原田眞人監督の映画『バウンス ko GALS』で主演、同年のブルーリボン賞新人賞、

キネマ旬報新人女優賞、翌年のヨコハマ映画祭の最優秀新人賞を獲得。

1999年、竹内結子が主演した連続テレビ小説『あすか』で、ヒロインのライバル役を演じる。

2000年、バラエティ番組としては初めて、『ジャングルTV 〜タモリの法則〜』のレギュラー

出演者となった。

2004年11月から12月にNHKで放映されたNHK夜の連続ドラマ『アイ’ム ホーム 遙かなる家路』

では主人公の元愛人を演じで「不倫OLの鑑」と絶賛された。

その理由は「若過ぎない年齢、細過ぎない肉体、男に甘え過ぎない距離のとり方などが絶妙」

とのこと。

2011年、最高視聴率40.0%を記録した松嶋菜々子主演のドラマ『家政婦のミタ』でヒステリック

な教育ママ・皆川真利子役を演じインパクトを残すと、翌2012年、『トッカン 特別国税徴収官』

でも作品をまたいで全く同じ皆川真利子役を演じた。

2017年、映画『惑う After the Rain』で12年ぶりに映画主演を務めた。

「佐藤仁美」の画像検索結果

趣味は、映画・音楽鑑賞。

若手の頃は、『イグアナの娘』では菅野美穂、『ウォーターボーイズ』では広末涼子の親友役と、

ヒロインの親友役を演じることが多かったが、キャリアを積み女性バイプレイヤーとして個性

豊かな役を演じている。

元来の体質に加え酒豪のため体重の増減が激しく、30代に入った頃からは実年齢より上の

「おばちゃん役」が増えている。女優としてだけではなくタレントとしてトーク番組への出演も

増えており、主に飲酒時の失態・婚活を話題にすることが多い。

『あすか』、『ファイト』、『おひさま』、『とと姉ちゃん』、 『ひよっこ』と朝ドラの

常連でもある。『おひさま』と『ひよっこ』の脚本家の岡田惠和は佐藤のデビュー作

『海がきこえる』の脚本家でもあり、『ひよっこ』の高子役は岡田が佐藤のイメージのまま

作り上げたキャラクターで、ヒロインと比較して制服がパツパツだったりと、佐藤へのいじりが

入っている。

仕事が減り、やる事が無かった30歳頃は、ぼーっとしたりクロスワードパズルや戦国無双を

やる日々だったという。

 

そんな彼女が最近、痩せてとてもきれいになったと話題になっている。。。

 

その理由が・・・

 

↓次ページへ続く↓