【半端ないくらい…】村上信五 手越祐也と大違い!?・・・サッカー取材現場で好印象だったと話題!!

 

村上 信五

「村上 信五」の画像検索結果

(むらかみ しんご、1982年1月26日 )は、日本の歌手、司会者、バラエティータレント、

俳優であり、関ジャニ∞のキーボーディスト。

大阪府高槻市出身。ジャニーズ事務所所属。

関ジャニ∞では主にはキーボード、ピアノを担当。

 

愛称は「ヒナ」。愛称の由来は、事務所に入った当初、「目が雛形あきこに似てる」と先輩に

いわれたことである。

コンサートで、メンバー全員でバンド形式で曲を披露する際はキーボードを担当している。

担当に決まったときはキーボード未経験だった。

 

2002年に関ジャニ∞としてデビューするが、すぐには人気が出ず、下積み時期が続く。

その中で村上が率先してアイドルらしからぬ暴露トークやお笑い路線を確立し、グループを

東京進出へ牽引した。

のちにこの下積み時代については「関西にいた俺らは、ある意味グループのお手本がなかった。

だから何するにも手探りで。」「苦労というよりはチャレンジでしたね。だから、めっちゃ

楽しかったんですよ。思い通りにならないことばっかだったし、かなわんことばっかでした。」

と語っている。

また、このJr.時代から様々なことを相談してきた人物として国分太一を挙げている。

 

2015年にビートたけしと共演して期待をかけられたことを機に司会というポジションに対して

改めて向き合い、次第にトーク力を評価する声も高まる。

 

2018年にはグループ出演の4本に加え、ソロでも4本、ソロラジオ番組2本を含めて10本の

レギュラー番組を担当。“ポスト中居正広”とも言われる。

 

趣味はサッカーやフットサルで、フットサルのチーム「リアル・モリコット」

(名付け親は渋谷すばる)を率いている。

「村上信五W杯」の画像検索結果

 

2014年には「FIFAワールドカップ ブラジル大会」のTBS系列のキャスターを加藤浩次とともに

務め、2018年には「2018 FIFAワールドカップ ロシア」のテレビ朝日サッカー中継の

プレゼンターに就任した。

また、サッカー日本代表の大久保嘉人選手とは10年以上の交流がある友人であり、大久保選手を

応援するために自分で作詞した『Forward』というソロ曲も関ジャニのアルバムの中に収録されて

いる。

 

好印象を持たれたと話題になっていたが・・・

 

↓次ページへ続く↓