【夏本番!】これは必ず知っておくべき!!・・・周りの人が熱中症になったら??対処方法をまとめた分かりやすい1枚が話題に!!

 

猛暑日が続く2018年7月。

産経ニュースによると、16日には複数の地域で38℃以上の気温が

観測され、熱中症とみられる症状の救急搬送が全国で相次ぎました。

暑い環境での作業や運動により、体温の上昇と調整機能のバランスが崩れて脱水症状や

けいれんなどの症状を引き起こす熱中症。

 

環境省は、熱中症の予防として「出かける際は涼しい服装で帽子や日傘を利用すること」や

「こまめに水分・塩分補給をすること」をうながしています。

 

7月に入ってから本当に暑いひが続いていますね。

みなさんは熱中症対策はしていますか??

 

↓次ページへ続く↓