「あなたのこと…好きになってもいいですか?」 何気なく飲み会に行った平凡な僕が、清楚系黒髪の美女をゲット!!お持ち帰りした結果⇒やばい偏愛の持ち主だった・・・

女の人の価値は、美しさだけではない。 

どれほど純粋に自分を愛してくれるかだ…そんな風に思っていました。 

でも、

あの女のおかげで僕はやっと気がついたんです。 

異常なほどの愛情が、女の人を、

そして関わる人間の人生すらを壊してしまうってことを。 

純粋な愛情は行き過ぎると執着に変わり、

執着は憎しみへと変貌を遂げるってことを… 

少し長いけれど、どうか僕の話を、聞いてください―

 

☟次ページへ続きます☟