【衝撃】乙女サル・若いメスザルが男性を熱愛!?


大分県にある高崎山自然動物園にいるメスザルが男性飼育員に恋をしているということが話題となってますね。 

そんなメスザル&男性飼育員についてとその動物園が面白そうだったのでご紹介していきたいと思います。

動物園にいるメスザルが人間の男性に恋??

大分県・高崎山自然動物園で若いメスザルが男性飼育員を熱愛し、
後をつけまわすなど異例の事態となって話題となってますね。

その若いメスザルが恋をしたのはガイドの藤田忠盛さんです。

そんな、藤田さんは「20年前にも2年間、サルが私に求愛に来た例があるが、ここまで激しい求愛はそれ以来」と驚いてました。

「1日、2日だったら可愛らしいが1カ月続いているので、最近うっとうしいです(笑)。
一種のストーカー行為を受けている……」と困った様子で話してましたね~。

あと、「サルに見られてもしょうがないのかな~」とも言ってましたね。
思わず、笑ってしまいました・・・


藤田さんの姿を見つけるとべったりとくっついてきて、藤田さんは一種の恐怖すら感じているそうです。

このメスザルは推定年齢5歳で人間に例えると女子高校生くらいで、出産経験がないため、名前はまだないそうです。

そもそもサルは人間に恋することが出来るのでしょうか・・・?


「引用」京都大学・杉山幸丸名誉教授によると「サルが人に恋をするというのは、
両者が非常に緊密につながっているような所だけで起こる。
特に発情した若いメスに多い」という。

サル社会ではオスが若いメスに興味を示すことはない。
そのため、若いモテないメスザルを職員などがエサを与えるなどして可愛がると人に対して求愛し始めるという。

オスザルは、若いメスに興味がないとは驚きですね。

飼育員の藤田さんは、困っていると言ってますが、見ていると可愛いなと思いますけど、
テレビ以外ではまた違うのでしょうか・・・

 藤田さんの姿を見つけると、一目散に飛んでいってますねっ。 女性飼育員の方と話しているだけでも、ヤキモチ焼いているところも可愛いですけど・・・。 20年前にも違うメスザルに求愛されたことがあるようですが、 1度目は2年間も続いたらしいですが、 今回はどうなるのでしょうか?? 今後、どうなるのか気になりますね。

次ページへ続きます