【大胆な予測を発表・・・】オックスフォード大学が・・・なんと10年から20年後には約47%の人の仕事がなくなる!?果たしてその真相は・・・

  • これは本当に現実になるのか?現実になるとすれば、いつなのか?
  • オックスフォード大学と政府の統計データなどからわかった。人から仕事を奪う3つの大きな原因…
  • なぜ、人の仕事を奪う3つの原因が、数年後に収入を2倍、3倍に大きく増やすチャンスになるのか…

 

「10年~20年後、約47%の人の仕事がなくなる」

技術の進歩がめざましい勢いで進んでいる機械。

オックスフォード大学がその進歩によって、どのぐらい人間の仕事が奪われてしまうのかを研究しました。

その結果、今後10年~20年ほどで約47%の仕事が自動化されるリスクが高い。

そんな結論が出たのです。

 

詳しく、政府の統計データなども調べてみると、人から仕事を奪っていくものには、3つの大きな原因があることがわかりました。

 

もしあなたが、「このまま、この仕事をずっと続けていて、いいんだろうか?」と不安に感じたことがあるなら、続きを読んでください。

 

気になる内容とは・・・

次ページへ続きます