【あれから10年・・・】風見しんごの現在、、、事故で娘を失った悲しみが運転中にも緊張が・・・(画像あり)

当たり前の日常が、前触れもなく唐突に壊れる。

東名高速道路の夫婦死亡事故は、この事実を容赦なく私たちに突きつけた。

想像を絶する悲しみの中で、遺された者をさらに襲う法律の壁。

10年前のあの日、自分の命よりも大切な愛娘を失った風見しんご(55才)の言葉は、誰よりも重い。 

風見の人生が一変したのは、2007年1月17日の早朝8時8分だった。

自宅からわずか150m先の横断歩道を渡っていた長女のえみるちゃん(享年10)が、通行禁止のスクールゾーンから飛び出してきたトラックにはねられた。

現場に駆けつけた風見の妻がトラックの下に潜り込み、下敷きになった愛娘を助け出そうとしたが、叶わなかった。

事故後、えみるちゃんが大切に使っていたランドセルは引きちぎられ、鉛筆はプレスされたように潰れて、風見のもとに戻ってきた。 

 

 

 

 

 

あれから10年になるのか・・・

 

 

 

 

次ページへ続きます