【座間事件】白石容疑者 生い立ちとその過去の真相が明らかに!!そして実家の父親も謎すぎると話題・・・

目の前には小田急小田原線の線路が走る。東京都心から約1時間。

朝のラッシュ時間には、6分に1本のペースで満員電車が通り過ぎていく。

築30年の木造アパートがカタカタと揺れる。2階のワンルーム、家賃は2万円ほど。

部屋には電気コンロ1台と流し台だけの小さなキッチンが付き、部屋の中央にあるハシゴを上ると狭いロフトがある。

5畳ほどの部屋に、生温かい異臭が満ちていく。

まさに戦慄の部屋である。

 

10月31日、警視庁に死体遺棄容疑で逮捕された白石隆浩容疑者(27才)は、「自宅アパートで死体を解体した。体から削いだ肉や内臓はゴミとして捨てた」と供述しているという。

部屋からは、クーラーボックス3つと、コンテナボックス5つ、ノコギリが発見された。

 

 

 

 

 

これからまだまだ話題続きだよな・・・

 

 

 

 

次ページへ続きます