【驚愕!】「和田アキ子は不滅です」・・・紅白落選で荒れて大変なことにwww

毎年、紅白出場していたイメージだけど・・・

 

 

2017年はどうなんだろうね・・・

 

 

もう、発表あったよね・・・

 

 

出るの??出ないの??・・・

 

 

和田 アキ子
(わだ アキこ、1950年4月10日 – )は、日本の歌手、タレント、俳優、司会者、ラジオパーソナリティ、実業家である。
所属芸能事務所は、株式会社ホリプロ。テイチクエンタテインメント / ユニオンレコード所属。
tUlrTjja28vnMnF_H7K9a_35
在日韓国人として出生し、その後日本へ帰化。公式プロフィールでの身長は、174cm。

 

愛称は「アッコ(さん・ちゃん)」「アコ(さん・ちゃん)」「ゴッドねぇちゃん」「芸能界のご意見番」。
もしくは「ゴッド姉さん」という愛称もある。

 

本名:飯塚 現子(いいづか あきこ、旧姓:和田)。帰化前の通名は金海 福子。

 

小学5年生の頃に洋楽に憧れ、15歳の頃からジャズ喫茶やゴーゴークラブで歌い始める。
173cm(デビュー当時)の長身から発せられるパワフルな歌声は評判を呼び、ホリプロ(当時:ホリプロダクション)社長・堀威夫直々に
スカウトされる、当時はグランプリズ(夏夕介が在籍)というバンドを組み、大阪と神戸三宮で活動していたが実際にデビューできたのは
ボーカルの和田とオルガンの夏のみであった。
芸名の「アキ子」の「アキ」がカタカナなのは、本名(当時は通名)の「現子」が普通に読めないため、当時のホリプロの社長が付けた。

 

1968年(昭和43年)10月25日、「星空の孤独」でレコードデビュー。

 

1976年(昭和51年)に、当時和田のマネージャーを務めていた小林甫(現 ティアンドケイ・ミュージック代表取締役社長)と結婚したが、
結婚を機に小林が他のタレントの担当に変わったことで生活にすれ違いが生じ、それが原因で9ヶ月で離婚

 

1981年(昭和56年)6月1日、フジテレビドラマ『ひまわり戦争』に出演した際にカメラマンをしていた飯塚浩司
(現 エー・アンド・ケイ代表取締役社長)と再婚。
その直後に子宮癌が発覚。1981年7月に子宮を全摘出したため子供が出来ない身体となり、それを理由に自殺を考えたり離婚を求めたことがあるが、
飯塚は「子供が欲しくて結婚したのではない」と言い、これがきっかけで夫婦の絆が一層深まったという。
その後も飯塚とは夫婦関係を継続している。

 

 

 

 

 

相当、悔しがってるな・・・

 

 

 

 

次ページへ続きます