深夜の牛丼屋に、ボロボロの親子が入店。 男『小盛りの牛丼下さい』 俺「はい(子供の分だけじゃん、 お金ないのか?)」→すると・・

 

修羅場といえば修羅場なので投下させてもらいます。

少し前、資格とりたくて数年勤めた職場を退社してフリーターしながら資格の勉強してた。
バイト先は牛丼屋で、基本は22時から朝までのシフト。
2年前のちょうど今時、深夜1時頃にある父子が客で入ってきたんだ。

父親は30代くらい。子供は女の子でたぶん2才~3才くらいかな。
深夜にもかかわらず女の子は眠い感じがなく、活発に喋ってた。
お冷を持っていったら父親「ちょっと注文考えさせて下さい」と。

当時は1人シフトで地方都市の国道沿いの店なもんで他に客は無し。
父子の会話が明瞭に聞こえてきた。

娘「これナホちゃん食べたいなー」 
父「ナホはこれ食べたいんだなー(財布の中身見て)いいよ、これ頼もうか!」 
娘「ぎゅどんておいしいー?」 
父「うん、すごくおいしいよー!」 

呼び出しが鳴ったので注文を取りに行った。

父「すいません、この(小盛の牛丼)をひとつください」 
俺「他にご注文は?」 
父「以上です」 

え、子供の分しかないじゃん。お金ないのかなーと思った。
この父子をよく見れば、父親はけっこう着古したスラックスにヨレヨレのYシャツ。
娘はもう5月も終わる時期なのにスウェットっぽいズボンに毛玉いっぱいついた長袖。
荷物は汚い大き目のリュックひとつ。
明らかに何日かは風呂も入ってないなって感じの風貌だった。

 

次ページへ続きます