【忠犬】1匹の犬が悲しそうに亡き主人の棺の横に座る、、、ある日、突然起こったことを見て故人の家族は衝撃を受けた・・・この犬の行動に感動の涙。。。

トルコ人のメフメト・イルハンは、長い闘病生活を経て79歳でこの世を去りました。

 

メフメトの家族は彼との別れを悲しみ、そしてそれは飼い犬のセスールも例外では

ありませんでした。

セスールはメフメトが晩年最も忠実な仲間として信頼し、強い絆を築いた友人でもあったのです。

死の直前メフメトが病院へと搬送された際、セスールは心配からか餌も食べようとしなかった

そうです。

 

 

 

悲しいね・・・

 

 

 

次ページへ続きます