亡くした存在が最愛の我が子ともなれば尚更だ。

 

出来得る限り、考え得る限りの可能性にすがりたいのも察するに余りある。

 

今回のケースはまさにその最たるもの。

 

タイの2歳の女の子の両親は、亡くした娘の遺体を冷凍保存する道を選んだのだ。