【驚愕!】上原多香子 TENNさんがまだ生前に?「妊娠説」の浮上・・・W不倫ではなく三又疑惑が話題にwwww

元夫の自殺の原因が自身の「ダブル不倫」にあったと伝えられているSPEEDの上原多香子に、かつて芸能記者が公言していた「妊娠説」が見直されている。

 

もしかすると、不倫相手の子を身ごもっていた可能性があるからだ。

 

上原と2012年8月に結婚したヒップホップグループ・ET-KINGのTENN(本名・森脇隆宏)さんは、わずか2年後の14年9月、自宅駐車場に停めた車内で首を吊って自死。

 

今になって、その原因が上原と俳優・阿部力のW不倫であったことが、TENNさんの残した遺書により明らかにされたわけだが、

その中でTENNさんが悩んでいたことが窺えるのが「子どものできない体」であったこと。

 

「女性セブン」(小学館)の報道などによると、遺書には「子供が出来ない体でごめんね。本当に本当にごめんなさい。幸せだった分だけ、未来が怖いから。

何も無さそうだから。許してください」とあった一方で、上原は阿部とのLINEの中で「私とトントン(編註: 阿部の愛称)の子はどんな子かなー。早く会いたいね。

トントンのタイミングで作ろうね」とやりとりしていたことも伝えられる。

 

これを見たTENNさんが深いショックを受けたのは想像に難くない。

 

 

 

しかし、他にも新たに新情報が・・・

 

 

 

次ページへ続きます