【悲劇】「私、妊娠した」と悲しい嘘・・・人々を泣かせたある女性の悲鳴とは。。。

인사이트

一体、彼女にはどんなことが起きたのだろうか。

 

実は、ケイラーは本当に妊娠を望んでいました。

ところが、毎回妊娠するたびに流産を繰り返しており、望んでいた赤ちゃんを妊娠することが

できなかったのです。

 

切実で赤ちゃんを望んでいたケイラー。

エイプリルフールに「妊娠した!」という嘘でもしたかった気持ちだったのです。

 

ケイラーは「本当に赤ちゃんがほしいけど望む通りにはならない。

流産を繰り返しながら、体と心が疲れた」と告白しました。

 

 

 

そういうことだったのか・・・

妊娠を心待ちにしている女性にとっては本当に

辛いこと・・・

 

 

 

次ページへ続きます