【衝撃】オンゲー依存者が深刻化!最近のネット廃人が更にヤバイ事にwwww

ネット依存症は、オンラインゲームやSNSなどのやり過ぎを自分でコントロールできない状態だ。

心身の健康悪化、遅刻や不登校、家庭内暴力などの問題が起きている場合に依存症と判断する。
厚生労働省研究斑の2012年度の推計では、ネット依存症の恐れがある中高生は52万人に上った。
ネット依存症のうち最も多いのはオンラインゲームへの依存だ。

世界保健機関(WHO)は今年6月に公表する疾病分類の改訂案で初めて、ゲーム依存症を「ゲーム障害」として疾患名に入れる。

WHOの定義は、ゲームをする時間などを自分でコントロールできず、他の関心事や日常の活動よりもゲームを選ぶほど優先度が高く、
様々な問題が起きてもゲームを続けたり、より多くゲームをしたりする状態。
原則としてはそういった状態が12カ月以上続くとゲーム依存症と診断されるが、症状や問題が深刻な場合にはもっと短期間でも診断できるとしている。

ゲーム依存症、WHOの疾患名に 治療はカウンセリング
https://www.asahi.com/articles/ASL56469YL56UBQU00K.html

147: 2018/05/07(月) 12:04:33.07
>>1
ならスポーツ選手だって依存だろ

次ページへ続きます